最近、iPadのみで行動することが多く、MBPをおいていることが多いんですね。で、自宅で作業をするときに、iPadだとやはり不便。ということで、電源が久しく入っていない、ふっるいiMacを外付けSSDで復活させました。すでにメモリは増強していて、納得なのですが、HDDがしょっちゅうガラガラいって、どうにもならないんですね。それで、SSDでと。

ですが、私、今、エルブズ起業中で、とっても忙しい。手間が掛かるiMacの筐体なんて、あけたくないわけです。そこで、外付けをUSB3.0でというお話しです。

準備 SSD、ケース

今回は、こちら。手間を掛けないがコンセプトなのですが、それでもお安くしたいのが人情。そこを考慮しての組み合わせです。

ssdimac_0039

↓こちらのSSDは、

お安いことに加えて、

  • Amazonで買えた(交通費と時間を節約)
  • 星が多かった(リスク低減)
  • 価格コムで一番売れ筋だった(お安いのとリスク低減)

ということがありました。で、

こちら↓を選んだのは

上記に加えて

  • はいーるKitなので、安心感がある(リスク低減)
  • ちっちゃい工具もついている(時間とコスト節約)

あたりがありました。このシリーズは、たくさんあるのですが、

  • USB3.0
  • UASP +

 

なものにしたほうがおすすめです。

私は、SSDを480Gにしたので、1万円を超えましたが、そうでなければ総額1万円未満ですみます。コストは重要ですよね。

他のサイトでは、起動用のUSBメモリを作ってそこからインスーラーを立ち上げて、、、としているサイトが多いですが、USBメモリももったいないのと、時間がないので、なしで進めます。iMacが遅くともHDDで起動しているかたは大丈夫ですよ。

 

開封の儀

ということで、開封をしてみるとこんな感じ

ssdimac_0040

まあ、なんていうことでしょう。全部揃っていますよ。もう何もいらないですね。分かっていましたが、工具もついていて便利です。最初にやることは、SSDとはいーるKitをつなげるのですが、特に注意点もないほどの作業です。かぽっとぬいて、はめる。おわり。。。

ssdimac_0041

これだけ。SSDには、7mmと9.5mm厚ってのがあるのですが、今回のSSDは、7mmなんですね。で、これまたついているスペーサーをぺたりとつけます。

ssdimac_0043

がたつかないようにできれば、完成です。がしっと差し込み、ネジ留め。終わりです。

OSをダウンロードする

次にインストールプログラムをダウンロードしましょう。iMacは普通に起動するので、普通にAppStoreにいきまして、OS X El Capitan ってのをぽちります。すると、すっでにインストールされているけど、本当?というダイアログがでますが、もちろん!としてすすめましょう。

SSDimac

ファイルサイズは、おおむね6ギガ。光回線でもそこそこかかりますのでお茶でも飲みながら待ちましょう。

ssdimac

ちなみに、iMacは、普通に使えるはずです。OSのダウンロードが終わる前に次の作業にうつりましょう。

 

SSDの初期化

さて、ここまできたら、SSDを差し込みますが、ぶすっとSSDをUSBケーブルで差し込みますと認識していないよって怒られます。

ssdimac 2016-06-05 9.11.18

当然ですね。で、初期化しちゃいましょう。初期化をすると、ディスクユーティリティが登場しますので、そこで間違えないようにSSDを選び、消去を押します。

ssdimac 2016-06-05 9.12.33

名前を聞かれますが、日本語とかだとなになので、とりあえずSSDとかにしました。

ssdimac 2016-06-05 9.12.49

しばしたつと全て終わりになります。

ssdimac 2016-06-05 9.13.52

ssdimac 2016-06-05 9.11.45

きれいですね。素敵です。

いよいよインストール

OS X El Capitanのダウンロードが終わると、勝手に

ssdimac

こんなのがでてるはずです。で、おもむろに進めちゃいましょう。

ssdimac

さくっと次にすすむとMacintoshHDDみたいなのしかでていないと思うのですが、他のドライブも、、、っていうボタンを押して下記のように新しいSSDが表示されるようにします。

ssdimac 2016-06-05 9.14.34

SSDを洗濯して、

ssdimac 2016-06-05 9.14.50

インストール開始です。ここまででほぼ完成です。おおむね20分くらいかかってインストールされます。

ssdimac_0045

環境を復元する

まっさらがいい!と言う方は、上記で終わりですが、今回HDDはつきっぱなしですので、環境を全部、しかも簡単に引き継ぐことができます。インストール終了ご恩セットアップが始まったら

ssdimac_0046

進めた後に、情報転送をしましょう。と、いっても特にやることもなく、選ぶだけです。

ssdimac_0047

転送が始まります。

ssdimac_0048

基本的にHDD→SSDなので秒速20メガくらいはでるのですが、ファイルとかがっつりある方はそれなりにかかります。表示が4時間とかでびびりますが、比較的早め、表示されている時間の1/2程度で終わります。さすがに、この時点では、iMacは使えませんので、お茶での飲みながら、待ちましょう。

セットアップを続ける

ジャーン!という起動の音が出たらもうすぐです。いろいろとすすめていきましょう。特に書くこともないくらい、すすっとすすみます。

ssdimac_0057

終わりです。お疲れさまでした。

まとめ

ということで、

  • 追加で用意する工具無し
  • Amazonオンリー
  • 低コスト
  • 最小の作業時間
  • 分解無し

のSSDを使ったiMac高速化が完了です。ぶっちゃけ、超おすすめです。さらに時間がないかたは、少々お金はかかりますが、USB3.0のSSDで出来るはずです。HDDをそのままにしておけば、起動はUSBになにかあっても、そのまま起動するはず。

ということで、何も悪いことなしの、SSD 追加でした。

追記 一週間後の使用感

興奮冷めやらぬ状態で書いても、まともな評価は難しいので、一週間後の使用感を書きます。

やはり超オススメ

です。他のマシンまで、SSDに変更したくなりました。嬉しいなぁ。。。完全復活iMac。