2019年6月も半ばにさしかかりました。昨日6日は、少し忘れられないことがありました。あまり詳細はかけないのですが、私なりに思いを持っているある方のプロジェクトのキックオフができなかった、そんな日になりました。

また、同日、別の方々からのご連絡もあり、こちらも詳細にはかけないのですが、大切にしたい方々、大切にしなければいけないのだと、感じました。

残念なことと、良かったこと。その両方があった、そんな日になったのですけれども、正直に書けば、どうも気が晴れません。

それくらい、本日のキックオフができなかったことについて、ショックが大きかったのです。

ふと気がつくと、今月は6月。第1四半期の終わりの月でした。行動、そして結果だったのだろうと、自分で振り返り、反省し、次の行動にうつすきっかけをくれたと感謝しています。

エルブズは、次のステージへ進みます。