しばらく放置しようかなと思っていたのですが、やっぱりどうしても VMware Fusionで、Windows10が使いたいのですよ。こんな感じで、自動的にアップデートはされない可能性が高いので、ギガジンさんの記事の通り、やってみることにしました。

今すぐ無料でWindows7や8.1からWindows10にアップグレードできるMicrosoft公式「メディア作成ツール」の使い方まとめ
http://gigazine.net/news/20150730-windows-10-upgrade-matome/

順調にダウンロードが進んでおりますが、念のためプロダクトIDのスナップショットとかとっておきました。ビデオカードで、ぐちゃる可能性はあるのですが、たぶんVGAで我慢すれば大丈夫だろうという甘々な予測で進めてまいります。

ダウンロードが終わりインストールが始まる前に、ライセンス条項の確認があり

windows102

 

確認をするといよいよインストールが始まりました。

Windows103

 

インストールがおわったのかわかりませんが、再起動がかかり、こんな画面になります。

Windows10

 

パーセント表示がされます。ワクワクしますね。ここらへんで、ビデオカード、たぶん大丈夫なんじゃないかと淡い期待を持ちます。

Windows104

インストールが進むといよいよ「こんにちは」のメッセージのあと、ログインになります。

Windows105

Windows106

Widows107

Windows108

ここら辺まで来て、突然 VMware Fusion7が、ディスクがいっぱいになる(なりそう?)なので、電源オフするかレジュームするよというダイアログがでました。一旦レジュームして、再度動かしたら動いたので、電源を切らずに進めましたが、本当は最初ディスクを多めに設定いた方が良さそうです。できたら、70ギガくらいがよろしいかと思います。

で、無事にインストールが完了しました。

Windows10_SVGA

でっかくみえますが、SVGAで表示されているようです。復活したスタートメニューから設定を選択し、解像度を変更すると、少しだけ広くできました。

Windows10Start

VMware toolsは、まともに動いていないみたいですが、まぁ、よしとしましょう。

ということで、VMware Fusion7.1.2でWindows10のインストールが完了しました。