開発 備忘録 Github Flowが素敵な件

/, ネット, ブログ, 開発/開発 備忘録 Github Flowが素敵な件

開発 備忘録 Github Flowが素敵な件

Github/Git、すごい便利ですね。本当にそう思うのですが、ツールが揃っていたとしても、ツールの使い方が大切だったりしますよね。むしろそっちのほうが頭の痛い問題だったりしておりました。先祖返りとか、マージの仕方とか、もめちゃったりとか、、、もう、考えただけでぞっとします。

特にWebサービスのような頻繁に更新がかかるようなものだと、なおのことです。

最近では、DevOps(デブオプス)なんていう言葉もあるようで、アジャイルソフトウェア開発継続的インテグレーション(CIなんかも含めて、腕の見せどころだったりするのだなと感じています。

で、つらつらとどうしようかなぁ、、と調べておりましたが、Github Flow(英語です)なるものが、便利そう。幸いなことに、Github Flowの日本語訳をかいてくれている人もいました。とっても助かりますね。ありがたく日本語と英語を比較しつつ、読んでみると、Githubの開発で実際に行っている方法のようで、35人での開発で回っているフローだとか。コピーキャット(模倣者こそがイノベーションを起こす)よろしく真似ていったほうが賢いよね、ってことで、参考にさせてもらうことにしました。

せっかくなので、英語の方をさらりと見てみると、

  • Anything in the master branch is deployable

マスターブランチに上がるってことと、デプロイするっていうのが、同時なんですよね。これが一番わかり易いですよね。そうそう、そうなんだよと思いつつも、デプロイしてなかったりとか、ないですか?(笑)

  • To work on something new, create a descriptively named branch off of master (ie: new-oauth2-scopes)

ブランチには説明書きっぽいネーミングをつけようよ、です。これまた王道ですよね。これまた、そうそう、そうなんだよと思いつつも、テストとかつけちゃったりしてはダメってことです。

  • Commit to that branch locally and regularly push your work to the same named branch on the server

ローカルにブランチ作ったらサーバ側の同じ名前のブランチにも定期的にコミットしておこうねってことですが、これはできてることが多いかしら。

  • When you need feedback or help, or you think the branch is ready for merging, open a pull request

フィードバックとか助けが欲しい時、マージしたいときにはプルリクエストする、まぁ、ココはそうですよね。

  • After someone else has reviewed and signed off on the feature, you can merge it into master

誰かにレビューしてもらってOKだったら・・・レビューですレビュー。大切ですねぇ。レビュー、できてるかなぁ、、、

  • Once it is merged and pushed to ‘master’, you can and should deploy immediately

マスターにマージしたら、即デプロイすべき!!なんですね。shouldがイタリックになっていますよ。これは、大切なんでしょう、きっと。

いろんなチーム運営があるので、他にもベストはあろうかと思いますが、わかりやすさという意味では、非常にいいなと思いました。真似たいです。

By |2018-04-27T07:22:06+00:001月 29th, 2015|Mac, ネット, ブログ, 開発|開発 備忘録 Github Flowが素敵な件 はコメントを受け付けていません。

About the Author:

何かお探しですか?

もし何かお探しでしたら、下記の検索窓からキーワードを入力してみてください。もしかしたら見つかるかもしれません。