親父へ

//親父へ

親父へ

夜中におふくろから電話をもらって、他界したことを聞いたよ。

長い間、たくさん働いたんだから、ゆっくりと、休んでね。

 

1967年10月に親父の子供として生まれてから、今日、2018年11月30日まで、ずっと父親でいてくれてありがとう。

 

今日、会社の重要な会議の日だったから、夜中ではあったものの、少し体を休めて資料を書こうとしていたところだったんだよね。

たまたまだけれども、おふくろと電話で話せて良かったよ。

 

今親父との人生を振り返ってみると、親父が若かったこともあって、理想論をたたき込んでもらっていたから、お互い頑固で、なかなかうまくやりとりができないこともあったね。

ここ20年くらいは、大企業の新規事業というものに、私の人生をかけているものだから、全然、親父と話ができなくて、申し訳なかったね。

きっと、厳しく、仕事に取り組むことで、いつか喜んでもらえると思って、私なりの理想を掲げて、取り組んできたよ。

やれることは全部やっているし、たくさんの人にも助けてもらいながら、やらせてもらっているよ。

 

それでもね、悩まないかと言えば、嘘になるんだよね。

親父にさみしい思いをさせて、本当に良かったのかとも思うけれども、ここで立ち止まっても、何も残らないから、このまま突き進むからね。

きっと親父は、喜んでくれるだろうと思っているけれども、もしそうじゃなかったら、ごめん。

 

もしかしたら、他界したことをこんなふうにブログに書くのも、怒られちゃうかもしれないけども、あのね、親父。これが私の住んでる世界なんだよね。ごめんね。

 

あのさ、親父。親父を超えられるように、親父からもらった命、使い切るからね。

 

これからさき、何年か、何十年か、経ったときに、そっちで会えると思うんだけども、そのときには、美味い飯でも食おうよ。

そんな日がいつかは来るだろうから、それを楽しみにしておくよ。

 

親父、たくさん親不孝をさせてくれて、ありがとう。それから、本当にごめん。

 

2018年11月30日

田中 秀樹

By |2018-11-30T05:47:32+00:0011月 30th, 2018|ブログ|親父へ はコメントを受け付けていません。

About the Author:

何かお探しですか?

もし何かお探しでしたら、下記の検索窓からキーワードを入力してみてください。もしかしたら見つかるかもしれません。