空振りした話

//空振りした話

空振りした話

野球をやっていない方でも、三振と空振りとホームランって言葉はご存知ですよね。

少し前になるのですけども、ビジネスで見事な「空振り」をいたしまして、お世話になった方々、関係者の方々に「失敗しました」と謝罪行脚の旅に出ておりました。私自身は、プロジェクト毎に成功の部分を見ることが多く、「失敗しました」と公言することはあまりありませんでした。なんだかんだと次につなげていた感じなんですね。ですが、今回はきちんと「失敗」として一つの区切りをつけたいと思ったわけです。プロジェクト全体の振り返りもしておりますし、失敗の理由も私なりには見えておりますが、それでも失敗は失敗、肝に銘じて今後の行動をとらないと、人生終わっちゃうよ、人生とんじゃうよと感じています。

上記謝罪行脚の際には、野球で言えば「失敗=三振」と感じていたのですが、とある方から「まぁ、状況的に失敗というと、言い過ぎの感がある」と言われたこともあり、卑下しすぎてもイカンなということで、「失敗=大きな空振り」と考えなおしました。そんな時某氏のブログで、空振りをいっぱいやらないとヒットすら打てない旨の記述を見て、そりゃそうだねとあらためて次のアクションに向けて行動を開始できました。

もっとも、失敗だと言っていても、気分が最高に滅入いるようなこともなく比較的冷静にこれまでのアクションを振り返っていたので、はたからみると行動の変化は見えないかもしれません。

謝罪行脚から雪崩れ込むようにたくさんの方とお会いして「次の打席」がぼんやりと見えてきました。まだまだ、ウェイティングサークルに入る前のベンチ入りくらいのレベルではありますが、ハイテンションになっている自分もいたりして、楽しい限りです。

同じ年の方々、例えば、さま~ずさんとか、キングカズとかという有名人の方々と同じくらい、覚悟を決めて人生に取り組んでいきたいなと感じる今日このごろです。

ということで、失敗も含めて、人生、楽しく突っ走ってまいります

Into every life a little rain must fall.

そんなこともあるさということで。

By |2015-04-23T07:00:31+00:004月 20th, 2015|ブログ|空振りした話 はコメントを受け付けていません。

About the Author:

何かお探しですか?

もし何かお探しでしたら、下記の検索窓からキーワードを入力してみてください。もしかしたら見つかるかもしれません。