大学に人生を助けていただいている話

//大学に人生を助けていただいている話

大学に人生を助けていただいている話

先日、国立大学の授業料がすごく上がってしまっていることや、昔の大学は「変人」を多く受け入れるような性質があってゆっくりと社会に適合することができたりしたことを、ブログやFacebookで書きました。

かくいう私も、きっとその大学に人生を助けられている一人だとここのところ思うことが多いです。

大学に入るまでは、正直生活がほとんどできていなかった(今でいうところのワーキングプアだった)のですが、大学に入れていただいたおかげで家庭教師のアルバイトにありつき、はとても高い時給を頂戴できました。学費や生活費を自分で出していることもあって、生活はあいかわらずきつくて、それでも大学生らしい生活を送ることができました。

一度だけバイトを入れすぎて、体を壊しそうになったときも、大学の健康診断でそれがわかり、事なきを得たり、途中からは学費の半額免除をしていただいたり、そして博士号を取得させていただいたり、とにかく私の人生を大きなプラスに変えてくれました。

エルブズは、大阪大学石黒先生、小川先生とのご縁で始めることができた企業です。エルブズの説明で使わせていただいている言葉は

  • ビジョン:社会性エージェントで幸せを提供する
  • サイト・名刺などでのサブタイトル:対話で実現する地方創生

ということで、また大学に助けていただいているとあらためて感じています。

当社は、この対話について注力して参りますが、是非皆様のプロジェクトでも、対話、試してみてくださいね。

 

 

 

By |2018-04-16T03:17:08+00:004月 16th, 2018|ブログ|大学に人生を助けていただいている話 はコメントを受け付けていません。

About the Author:

何かお探しですか?

もし何かお探しでしたら、下記の検索窓からキーワードを入力してみてください。もしかしたら見つかるかもしれません。