昨日、亡父の四十九日法要を終えることができました。喪主である母の意向もあり、仏事に際しましては近親者のみで行わせていただきました。喪に服しておりました期間、行動を差し控えさせていただいたことがあり、ご迷惑をおかけしました。

亡父は、商売に努力を続けてきた人間だったものですから、私も、亡父の良いところを見習い、ビジネスに邁進することで、今後引き続き、亡父の供養に努めたいと思います。

皆様におかれましては、これまでの御厚情に感謝申し上げますとともに、今後も変わらぬご厚誼を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。