持続的な成長を生み出すものというのは、実は限られるものだったりします。あれやこれやと考えていても、そこにはあまり選択肢はなく、以下の4つくらいなんですよね。。

口コミ

製品に満足した人が行う行動。実際の口コミ以外にも、ブログ、ツイッターなども含まれます。

製品の利用に伴う効果

高級品などのステータスになるものに見られる、使ってもらって広告になるような製品・サービス。他にも、ペイパルなどのように送金した方がペイパルを使うと、送金された方にも利用が伝播するような仕組みも、含まれます。

有料広告を通じて

広告を通じて、新規顧客を獲得することはどんなサービスでも重要になります。リーンスタートアップが出版された頃は、売上から有料広告を出すことのみ推奨されていましたが、昨今の日本の目がベンチャーを見ると、上場して調達した資金でテレビCMなんてものもあるようですね。

購入や利用のリピートを通じて

いわゆるストックビジネスモデルと言われるものですね。ケーブルテレビ等の例が出ていますが、日本ですとさながら携帯電話向けのサービスなどになるでしょうか。顧客の自発的な繰り返し行動があるというのがポイントです。

まとめ

上記の成長の源泉は、事業計画上に組み入れていなくとも、適時使いこなしていく必要があります。