まったくもって共感できない、そんなビデオでした。

題名はどうでもいいので、出しません。

お話としては、遺品を整理する会社に就職した青年が、いろいろな事情の方々に真実を伝えようと出歩ていくお話しなのですが、やっていることは個人情報を無断で見たり、無理矢理押しかけて職場で大騒ぎしたり、、、

以前芸能人の方のDNA鑑定云々のお話しを見てもやはり思ったのですが、「真実」って知らなくて良いこともあるのではないかと思うのです。特に生死に関すること、命に関することは、とてもデリケートな部分もあるので、関係する数名、究極的には本人たちだけが知っていれば良いと思うのです。

一方的に押しつけのようなことをやった後、主人公がさも良いことをやったような顔で物語が終わることに、とても強い不快感を覚えました。