こっけい、でも戦う

//こっけい、でも戦う

こっけい、でも戦う

帝一の國、という映画を見ました。生徒会選挙という、興味の無い人からすればどうでも良い戦いに焦点をあて、滑稽に描いている映画です。前半は、コメディのような、小馬鹿にしたような表現が続くのですが、後半になるに次第に、その滑稽な、ともすると無意味な戦いの中に、人の思いがあることを描いた映画です。


当初は、仮面ライダーの主役級の俳優さんが二人、戦隊ものの主役級の俳優さんが一人、という部分に興味があり、見ていただけなのですが、途中からぐっと引き込まれていきました。

と、言いますのも、今の私たちと同じように見えたからです。

おそらくですが、私たちがもがいて戦っている姿は、この主役の帝一くんのように、滑稽に見えているだろうと感じました。

そして、また帝一くんのように、必死なんだろうとも思いました。

人の思いというのは、そんなものだと感じさせてくれる映画でした。

良い映画です。おすすめです。

By |2018-06-09T05:15:04+00:006月 9th, 2018|ブログ|こっけい、でも戦う はコメントを受け付けていません。

About the Author:

何かお探しですか?

もし何かお探しでしたら、下記の検索窓からキーワードを入力してみてください。もしかしたら見つかるかもしれません。